So-net無料ブログ作成
モビアムのライバル エアマックス ブログトップ

プーマ モビアムのライバルとは!?Pt2 [モビアムのライバル エアマックス]

進化し続けるハイテクシューズを語る上で
無視できないのが、このナイキ エアマックスだろう。

NIKEといえば、多くの人たちが認知しているビッグカンパニーであり
スポーツブランドのパイオニアである。

プーマ モビアムの、強力なライバルでもある。


今回は、老舗スポーツブランド ナイキの販売する
”元祖”ハイテクシューズ エアマックスを取り上げる。

 2013 img.jpg

ナイキのエアマックの歴史は古い。
初代のエアマックスの誕生は、1987年となる。

そして、26年経った現在、フルモデルチェンジとなって
待望のエアマックス2013年が誕生した。

高い耐久性と安定性を兼ね備える機能、快適な通気性を
確保した”ハイパーフューズ”に加え

優れたフィット感を生み出す”ダイナミックフライワイヤー”構造を採用。
深いグルーブを入れたフォアフット部は高い屈曲性を実現。

360度、どの方向からも見渡せる「MAX AIR」のフィルムを薄型化し
クッション性を大幅に向上させ、さらに、前作と比較して15%の軽量化にも成功。

すべての面において性能をグレードアップ、ナイキが作り出した
ランニング機種のハイエンドモデルとなっている。

 

■ナイキ エア マックス + 2013           ■モビアム ランナー エリート

通常価格:19,425円                 通常価格:12,600円


⇒ ナイキ エア マックス + 2013 価格比較  ⇒ モビアム ランナー エリート 価格比較


■コストパフォーマンス 比較■

プーマ モビアム、ナイキのエアマックス2013
両者のコストパフォーマンスを比較すると、大きな差がある。

人気のシューズとういうことで、定価販売が当たり前の
状況となっているが、それでも7,000円の差は大きい。

どちらも、各メーカーの威信をかけたハイグレードモデルだ。

機能的には、両者ともにお互いにはない特徴を有している。
その点も踏まえ、価格の差以上の違いがあるとは思えない。

コストパフォーマンスでは、圧倒的にモビアムの勝利と言えるだろう。
モビアムのライバル エアマックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。